母と私の着物ぐらし

着物の決まり事 日々のコーディネート 趣味の茶事 母との暮らし 仲居さんのバイト

1月の着物コーデ~20日~21日~22日

1月と言っても、月末近くになると、おめでたいという装いも意識しなくなります。

意匠としての梅や椿は気なるところです。

 

~20日

 

 

紅型の着物がどうしても欲しくて、買ってもらったこの着物。

縮緬です。

好きすぎて、八掛の裾が切れて、2度も切り上げています。

でも、元々、切り上げることを前提に、母が長く仕立ててくれていたので大丈夫です。

 

縮緬は水がはねると縮んでしまうので、普段着向きではありませんが、派手になってしまう(なってしまった?)ので、もう、どんどん着てしまおうと思います。

 

 

四季の花々が染められ、季節を選ばない着物です。

鳳凰袋帯を合せてみました。

 

 

小物はオレンジを選びました。

 

~21日

 

 

大島紬です。

この着物は、鹿児島にツアーで旅行をしたときに立ち寄った<都喜エ門>の織元で母が求めたものです。

柄や色を繊細に織り出しているのが、いかにも<都喜エ門>って感じです。

 

短い時間でトイレ休憩も兼ねていたのに、<特売コーナー>を見つけて、必死に選びました。

実は、私の物も選んでよいと母は言っていたのです。

ところが、母が ”ねえ、見て見て!どっちがいいかなぁ?” とか私に話しかけるので、私は自分の反物を選ぶ時間がなくなってしまったのです。

 

お会計の時に、”あれ?お前のは?”って。

”だからぁ、お母さんが、いちいち相談するから自分のを選ぶ時間がなかったんですぅー”

でも、今は、こうして私が着ています。

 

 

母がお気に入りだった塩瀬の帯です。

モダンな感じで椿が描かれています。

 

 

帯揚げはピンクと赤紫のぼかし。

帯締めは藤色を合せました。

 

~22日

 

 

男物の結城を母に直てもらったものです。

無地なので、かえって光沢を感じられます。

 

 

松葉仕立ての名古屋帯です。

これはポリエステル。

母に ”その帯じゃ着物が可哀想”と言われましたが、可愛い感じにまとまったのではないでしょうか。

 

 

帯揚げはクリーム色。

帯締めは北海道旅行の時にアイヌ村で買ったものです。

有名なユーカラ織ではないようです。

 

1月の着物コーデ~14日~15日

~14日

 

大島紬です。

大島の着心地は、本当に軽い!

着る度に感動ものです。

 

 


紬には染の帯が似合うと言われています。

松に梅と思いきや、花びらを見ると桜のように思われます。

松を頼りに1月。桜なら3月にまた出番がありそうです。

 

 

小物類は水色を選びました。

帯締めは母お手製の丸ぐけです。

生地のつなぎ目を隠すためにビーズをあしらったり、長すぎるので2度からげて藤結びにしたりと、ちょっと遊んでみました。

紬の本来の装いとは違うとは思うのですが、まっいっか。

 

 

~15日

 

着物はポリエステルの紬風です。

 

 

帯と帯締めは13日と同じです。

見えずらいのですが、帯揚げはオレンジに変えました。

 

 

1本持っていると便利と言われるのが、クリーム色の帯です。

比較的どんな色にも合わせやすいと実感します。

 

また、この帯のように垂れに柄が無くて、お太鼓と続き柄になっていないと、合わせる苦労も無いです。

この手の柄行の、名古屋仕立ての帯が自装の初心者の方にはお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

仲居さん日記60

私のバイト先にも今年成人式を迎えられたお客様がお出で下さいました。

       成人式のイラスト「タイトル文字」

 

~その1

 

朝、店に入りますと本日のご予約の状況を記したプリントを頂きます。

お名前、お人数、ご予約のお部屋やテーブルNO、お料理、その他備考。

この、その他備考が意外に重要です。

どんなお集りか?とか、アレルギーの食品などもここに書かれます。

 

<成人のお祝い>と、書かれてあるのを見つけました!

お振袖のお嬢様がいらして下さるに違いありません。

楽しみです。

 

ところが、

先頭でお出でになったお嬢様は制服姿。

今どきの、チェックのスカートにブレザーがとてもお似合いの可愛らしいお嬢様です。

私立に通われる中学生とお見受け致します。

 

ええと、、、振袖、、、振袖、、、

 

あっ!真新しいスーツをお召しの方がいらっしゃいます。

成人式を迎えられたのは、お兄様だったのですね。

振り袖姿を見られなかったのは残念ですが、その初々しい姿も可愛らしいです。

 

お部屋で靴を脱がれる時も、慣れないご様子で

 

(新成人のお客様)

”脱げないよぉ”

 

(お父様)

”紐、ゆるめりゃいいだろ”

 

(ほほあん)

”ぴっかぴかですね”

 

(新成人様)

”はい。今日おろしました”

 

可愛い♡ 振袖のお嬢様じゃなくて、ちょっとガッカリしてごめんなさいね。

 

ご両親様と、祖父母様もご一緒でした。

初孫とのことで、とりわけ可愛いのだとお祖父様はご機嫌です。

 

(お祖父様)

”実は、この子の七五三の時も、この店に着たんですよ”

 

(ほほあん)

”あらまあ、それはそれは、ありがとうございます”

 

 

さて、乾杯です。

 

(お祖父様)

”〇〇くん、お前、七五三のときは立派な挨拶したよなぁ。あれから、15年かぁ。今日はもっと立派な挨拶をして、成長して所をみせてくれ”

 

お祖父様、無茶ぶりです。

でも、皆さんが笑われて、いかにもお幸せそうで、こちらも和みました。

 

 

~その2

 

ご両親様と振袖のお嬢様がお出で下さいました。

 

牡丹や桐や藤、梅、橘などの花と、御所車という古典的なお着物がとても上品です。

また、そのお嬢様が、おっとりとなさっていて、そのお着物がよくお似合いです。

 

ご両親様は瓶ビール、お嬢様はオレンジジュースをご所望でしたが、ビアグラスは3つお持ちして、

 

(ほほあん)

”お嬢様、乾杯だけ、少しいかがですか”

 

(お母様)

”そうね。少し飲んでみたら?”

 

(お嬢様)

”はい。じゃ、1cmくらい、、、”

 

お父様が注いで差し上げました。本当に1cmくらい、、、

 

可愛らしいですね。自分の二十歳の頃を思い出すと、、、

既にいい飲みっぷりだったような、、、

 

(ほほあん)

”古典柄のお着物が素敵ですね。お髪も華やかですが上品で、とてもお似合いです。

ここに来る前に、お見かけしたお嬢さんは、ツインテールをなさっていて、まあ、今どきで可愛いのですけれど、私はお嬢様のようなお仕度がいいなぁって思います”

 

(お母様)

”おお、ツインテールですかっ!

実は、この着物、私の成人式の時の着物なんです”

 

(ほほあん)

”まあ!よろしいですこと!お母様、お幸せでございますね。こうしてお嬢様にお召し頂いて、また、よくお似合で”

 

(お母様)

”そうですね。これを着るといってくれて嬉しかったですね”

 

お嬢様の美容院は、早朝7時の予約だったそうです。

着物もレンタルのお友達は3時だったとか。びっくりです。

 

(お母様)

”メイクもしてもらったの?ほほ紅とか、着物の色に合わせている感じよね”

 

(お嬢様)

”うん。されるがままでよくわかんないけど”

 

(お母様)

”つけまつげしたの?”

 

(お嬢様)

”してないと思うよ(←あくまでおっとり)マスカラだけじゃないかな”

 

(ほほあん)ーーー失礼ながらお顔をガン見

”つけまつげではなさそうですね。でも、長さもボリュームも充分でございます”

 

(お嬢様)

”ふふ、ありがとうございます”

 

とても可愛いお嬢様でしたし、この日は比較的人手もありましたので、親子お三人を激写させて頂きました。

 

 

~その3

 

<彼の二十歳のお祝い>ということで、彼女さんのご予約です。

ご来店のカップルは、当然お若い。

お二人で生ビールを御注文でしたので、彼女さんの方が少し年上のようです。

 

和食のお店など、初めてという感じの彼氏さんは、緊張の面持ちです。

 

この彼氏さん、金髪で童顔のイケメン。

見た目は、うぃ~す!みたいな感じなのですが、とても礼儀正しいです。

彼女さんは黒髪が綺麗な清楚な印象で、やはり、礼儀正しいお振る舞いです。

お品書きとお料理を見比べて、召し上がっているご様子は実に微笑ましいものでした。

 

デザートは<祝成人>と書かれたプレートにのせてお出ししました。

 

(ほほあん)

”申し付かっておりましたので(と、お出しして)おめでとうございます”

 

彼氏さんは、私に ”ありがとうございます”

そして、彼女さんに ”ありがとう”

 

 

またいらしてね。

夜は夜景も綺麗ですよぉ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月の着物コーデ~鶴の色留&羽子板の小紋

1月は、初釜や新年会の華やかな装いをお見掛けする機会が多く楽しいです。

 

でも、私は今年も初釜に伺うこともなく、また、母が新舞踊の流派から離れましたので、そちらの新年会に付き添うことも無く、着物はただお仕事で着るのみとなっております。

 

淋しいので、着てみました。

 

~鶴の色留

 

 

紫がかったピンクの地色の色留です。

訪問着と違い、顔の周りに柄が無いので、華やかさが欠ける分、スッキリとしています。

 

お茶会に参りますと、お席主の先生は、色留をお召しの方が多いです。

第一礼装で有りながら、座っていらっしゃると、控えめな印象になるのが素敵だなと、いつも拝見しておりました。

 

この着物は、初釜用と思って仕立てましたが、お茶名披露や、還暦や喜寿の記念のお茶会など、おめでたいお席には使えそうです。

 

 

七宝文様の袋帯を合せました。

七宝も吉祥文様です。

 

この色留、紋を入れていません。

紋付にせず、少し気楽に着られるようにしたつもりです。

訪問着に一つ紋を入れて、格をあげるということをしますが、それの真逆ですね。

 

八掛は共布です。

裏にも鶴が飛んでいます。

 

 

小物は水色と迷いましたが、淡いサーモンピンクを選びました。

帯揚げは絞り。

帯締めの格はあまり言いませんが、幅の広い物の方が格式があります。

広めのものを選びました。

 

 

~羽子板の小紋

 

縮緬小紋です。

 

 

この着物の文様なのですが、

 

 

小花の他に、打ち出の小槌や亀甲、分銅など、おめでたい柄が染められているのですが、その中に羽子板があります。

 

そこが気に入っているのですが、その羽子板のために1月にしか出番がありません。

出来ればお正月気分の時に着たいと思えば尚更に限られてきます。

でも、お気に入りです。

 

 

扇面の袋帯を合せました。

扇も末広がりで縁起が良いです。

 

八掛もちょっと可愛いんですよ。お花が描かれています。

 

 

小物類はグリーンの絞りを選びました。

 

小紋なので、名古屋帯でも良いと思います。

 

 

熨斗の刺繍があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月の着物コーデ~8日~9日

成人の日を含む三連休でしたね。

私はずっとバイトでした。

 

~8日

 

華やかな振袖姿のお客様がお見えになるかもしれないので、絶対に色が被りたくないなぁと思い、この着物を選びました。

 

 

この着物は、染め直したものです。

元々は母の訪問着で、白地に裾模様で緑が使われていて、今、熨斗のように見える部分には金糸で刺繍がしてありました。

 

染め変えたら、金糸がところどころ取れかけていたので、思い切って取ってしまったら、このような柄に残りました。

 

この着物に、どの帯を合せようかと考えていたら

ふと、私がリフォームした帯が、色が合うのではないかと思いました。

 

母の踊り用の男帯2本で私が作った平仕立ての名古屋帯です。

 

 

hohoan.hatenablog.com

 

 

この着物には、共布で八掛が付いています。

 

 

細かい柄は瓢箪です。

6つの瓢箪で六瓢(むびょう)= 無病 と

無病息災を表わすことが良くありますが、これだけたくさんの瓢箪があったら、大勢様の無病息災を願えます。

 

着物も帯もグリーン系なので、小物は反対色のオレンジを選んでみました。

 

 

~9日

 

着物は同じです。帯を変えました。

 


オレンジと金糸が織り込んである袋帯です。

フラッシュで光っています。

 

 

うっ!光過ぎです。

実際に見ると、これほどではありませんよ。

 

 

帯をオレンジにしたので、小物は着物に寄せてグリーン系を合せました。

帯揚げはグリーンのぼかし。

帯締めは母のお手製です。

1月の着物コーデ~5日~6日

~5日

 

 

梅の柄の塩瀬の小紋です。

松の内に着る梅の柄の着物は、単に季節の花を身にまとうというよりも、<松竹梅>の<梅>として、おめでたいお正月にふさわしいと思います。

 

 

鳳凰の刺繍のある袋帯を合せました。

鳳凰も、平和な治世に現れると言われる伝説の生き物で、吉祥文様です。

 

 

小物はピンクを選んでみました。

帯締めは、着物の端切れで母が作ってくれた丸ぐけです。

 

 

~6日

 

同じ着物で、帯を変えました。

 

 

モノトーンに見える着物ですが、梅の輪郭は赤で描かれてあります。

着物に使われている色の中から、合わせる帯の色を決めると間違いがありません。

もともと、グレーと赤は相性の良い色合わせでもありますね。

 

 

帯は、平仕立ての名古屋帯です。

蜀江文(しょっこうもん)が織り出されています。

八角形や四角で隙間なく構成された文様です。

 

 

小物は水色を選びました。

帯締めの丸ぐけは、着物の端切れで母が作ってくれたものです。

 

1月の着物コーデ~3日

まだお正月の三日ではありますが、今日は私の仕事始めでした。

お正月らしい着物を選びました。

 

 

松の訪問着です。

ポリエステルです。

元は振袖でした。

雨でも振袖を着たい日用の着物だったのですが、振袖には明らかに年齢制限がありますでしょ。

母に袖を4寸にカットしてもらいました。

 

ふ、ふ、ふ、振袖ぇ~何十年着てるのぉ~Σ( ̄□ ̄|||)

って、なりますよね。

確かに柄は大きいのですが、地色が地味なので、今も着ております。

 

この柄の大きさが、舞台映えがするので、母が舞台で着たこともあります。

 

振袖には袖を短く切れるものと、柄が切れてしまうので切れない物があると言われます。

この着物の場合も、松の柄が切れてしまっています。

でも、正式なお席に着る訳でもありませんし、特に問題は無いと考えます。

 

 

帯もおめでたい亀甲文を合せました。

この帯は、私くらいの体系ですと、袋帯のように二重太鼓が締められます。

でも、柄合せが出来なくなります。

今日は、平仕立ての名古屋帯の扱いで締めてみましたので、柄合せが上手く行きました。

 

 

小物類は茶とも金とも相性の良いグリーンを選びました。

元振袖のこの着物は、訪問着の体なので、帯揚げも絞りにしてみました。