母と私の着物ぐらし

着物の決まり事 日々のコーディネート 趣味の茶事 母との暮らし 仲居さんのバイト

筍やら何やらお詰め合わせで届きました!

楽しみにしていた筍が出始めました!

 

我が家ではありません。

叔母の家の裏の竹藪です。

 

叔母から電話があって、

”筍が出始めたから、送るよ。

3時までにヤマトさんに取りに来てもらわないと駄目だから、

家にあるものをとりあえず詰めたから。”

 

届きました!

 

f:id:hohoan:20210619061443j:plain

 

詰め合わされています。

出してみます。

 

f:id:hohoan:20210619061517j:plain

 

左上のこげ茶色は、叔母お手製のきゃらぶきです。

絶品です!

ご飯のおかずではなく、日本酒のおつまみとしてありがたく頂きます。

 

水をいっさい入れず、砂糖、醤油、お酒だけで、柔らかくなるまで、お酒を足しては煮るのだそうです。

 

叔母は、フキの皮をむくのが面倒だから、きゃらぶきにすると言いますが、煮る方が大変だと私は思います。

 

きゅうりは、私のリクエストで、少し太めの物も入っています。

本当は、大きくなり過ぎたと思えるようなものを、皮をむいて、種も取って食べたいのですが、叔母がいうには、ご近所の方が通りすがりに、”きゅうりが採りそこなっているよぉ~”といちいち教えてくれるので面倒なのだそうです。

 

ワクチンの後の倦怠感か、食欲のない母も、”きゅうりをお味噌付けて食べたい。”というので、お礼の電話をする前に、半分づつ食べました。

これだけ流通が良くなっているというのに、全然お味が違います。

美味しい。ありがたいです。

 

右の端は、ピーマンではなく、カブラカラシ(蕪辛子)と、辛子です。

母も私も辛い物が大好きです。

 

今回も、茄子は入っていませんでした。

 

hohoan.hatenablog.com

 

買ったものがあったので、なす味噌をピーマンではなく、カブラカラシで作りました。

残念ながら、辛さ控えめでした。

個体差がありますね。

以前、すきっ腹にビールとカブラカラシを焼いてお醤油をかけたものを食べたら、座っていられないほど胃が痛くなったことがあります。

その時は、一寸法師を飲み込んだ鬼の気持ちが痛い程わかりました。

 

辛子を食べて寝込むって、いかにも頭が悪そうなので、それからは気を付けて、油気の物を食べて、胃壁をガードしてから食べるようにしています。

 

これらを取り出した下には

 

f:id:hohoan:20210619065305j:plain

 

真竹の筍です。

私にとって筍と言ったらこれ!です。

なので、<筍掘り>の意味がわかりませんでした。

私にとって、筍は掘るのではなく、折るなのです。

 

地上に伸びてきた筍を、押すようにすると、簡単にポキッと折れます。

 

孟宗竹ほどアクが強くありませんし、柔らかく、甘いです。

 

 

 

 

6月の着物コーデ~18日

単衣の小紋に絽の名古屋帯

 

 

今日は何を着ようかな?と、着物のコーディネートを考える場合、この季節の帯を今締めたい!!というときもありますが、だいたいは、先ず着物を選びます。

 

今日は、昨日と同じ花唐草の小紋を着ようと思います。

 

次に、帯。

一番大切にしていることは、季節です。

6月の半ばを過ぎました。

昨日合せた博多は、浴衣にも締めるくらいですから、時期的にはOKなのですが、そろそろ、透け感がほしいです。

 

とすると、絽ですね。

紗は、早い感じがします。羅は尚更です。

透け感が強い程、盛夏に相応しくなります。

 

そして、やはり大事なのは色と柄の取り合わせですよね。

相性の良い色と言うのがありますが、迷った時は、着物に使われている色の中から選ぶと失敗がありません。

 

この着物の場合は、花に使われている赤、白、唐草のクリーム色などです。

着物が花柄なので、花柄は避けたいと思います。

 

f:id:hohoan:20210618192942j:plain

 

平仕立ての名古屋帯です。

 

f:id:hohoan:20210618193007j:plain

 

何の柄かよくは分からないのですが、夏帯ですし、渦や波を表わしているのかなと思っております。

 

f:id:hohoan:20210618193140j:plain

 

ん?帯の渦と着物の唐草のクルリン感が被ってます!ね!

 

同じような柄はなるべく避けようとしていたのですが、、、

 

どうでしょう。

大丈夫そうですね。ケンカしていませんね。

着物の唐草は細いですし、色もおとなしめ。

帯の渦も銀糸ですし、、、

 

むしろ、相性が良いようにさえ見えます。

これも有りかな?と思います。

 

小物は、水色ですとぼやけた感じになるので、帯揚げは濃いピンク

帯締めはピンク、赤、白、銀の組紐にしました。

 

 

 



 

 

6月の着物コーデ~17日

花唐草の単衣に博多帯

 

6月のコーディネートは、雨との折り合いが大事になります。

絹は着心地は良いのですが、水に弱い!弱すぎる!という欠点があります。

 

 今日は降水確率40%

ポリエステルの着物を選びました。

 

今日の着物は、唐草に花があしらわれているので、花唐草と呼ばれます。

 

f:id:hohoan:20210617202249j:plain


 

地を這うように伸びる蔓性の唐草は、強い生命力の象徴とされ、吉祥文様です。

ギリシャやローマの文様から中国を経て、日本に伝わったのだそうです。

 

唐草と一緒に描かれている花が、菊であれば菊唐草と呼ばれます。

松であれば、松唐草です。

いろいろあります。

 

f:id:hohoan:20210617202323j:plain

 

伝統的な献上柄ではありませんが、これも博多帯です。

博多帯は浴衣にも締めます。

 

f:id:hohoan:20210617202445j:plain

 

涼しい感じを出したかったので、帯揚げ、帯締めは水色を選びました。

6月の単衣には、帯揚げは絽。

帯締めも、粗い組み方のもの(レース組と呼ぶ方もいます)の方が涼しそうです。

仲居さん日記34

爽やかな青年お一人様

 

コロナ禍で飲食店は大打撃です。

私のバイト先は、元々ご年配のお客様の多い店です。

ご高齢者は、とても真面目でいらっしゃるので、<STAY HOME>と言われれば、なかなか外出することをなさいません。

 

これまで頑張って働いて、日本の高度成長を支えていらして、さて、晩年は、たまには旅行や外食を楽しみたいと思っていらした方々に、コロナは正に禍です。

 

さて、先日のバイトの日は、ご予約は無し。

フリーのお客様もなかなか入って下さいません。

 

0の日があるとは聞いておりますが、私の出勤の日には、まだそれは無かったので、祈るような気持ちでお待ちしておりました。

 

半分諦めかけた頃、いらっしゃいました!爽やかな青年!お一人様です。

 

一番奥の、川が目の前に広がるお席をお勧め致しました。

途中、真ん中のお席が気になるご様子でしたので、

”こちらでもよろしいのですが、少し、目の前のビルが視界のお邪魔になるので、奥のお席をお勧め致しましたが、いかが致しましょう?”

 

”ああ、なるほど”

 

お席に着かれて、

”すごい!素晴らしい、景色ですね。”

 

”ありがとうございます。花火の時は特等席でございます。”

         花火のイラスト「夜空の打ち上げ花火」

 

Tシャツにリュックというお姿でしたので、ご旅行中かと思いましたら、ご近所の方だそうです。

 

”僕の部屋からも花火は見えるんですけど、ここからは、さぞや綺麗に見えるんでしょうねぇ。”

 

”はい。真正面にご覧いただけます。私どもも後ろで拝見させて頂きます。

昨年は出来なくて残念でございました。今年も10月の予定にはなっていますが、決定ではございません。”

 

”上がるといいですね。花火。”

 

”はい。本当に。

元々、疫病で亡くなった方の鎮魂と、疫病退散の願いが込められたものと聞いております。今のこの時にぴったりだと思うのですが、、、”

 

”そうなんですかぁ。尚更、上げたいですね。問題は密ですね。う~ん。”

 

~ ちなみに ~

隅田川花火大会>の前身である<両国の川開き>は、あの暴れん坊将軍8代吉宗が大飢饉とコレラ(ではないかと言われている)の流行で亡くなった人々の鎮魂のために、水神祭を行い、両国橋近くで花火を打ち上げたことが由来となっています。

 

”予約は、一年前からとかなんでしょうね。”

 

ーーーいけない、いけない。花火を盛り上げ過ぎました。予約はまず取れません。

―ーー話題を変えましょう。

 

”そうですねぇ。難しゅうございます。”(ここはマスクの下でも笑顔で)

”桜の頃も見ごたえがございます。あと、お天気に恵まれますと、筑波山もご覧いただけます。”

 

お若い方なので、ささっと召し上がるかと思いきや、ごゆっくりと、景色をお楽しみ頂きながらお食事を楽しんで下さっているご様子です。

それこそが、我がバイト先での正しいお食事の仕方と私は信じております。

そして、そうしてお食事して頂いた方は、お店をお気に召して頂けます。

 

デザートをお出しする前に、お膳をお下げします。

いつも、思うことですが、お若い方は、香の物に手を付けない方が多いです。

お刺身のツマも、召し上がりません。青紫蘇の葉とか大根とか美味しいのになぁ。

 

”お若い方は、香の物を召し上がりませんね。”

 

”あっ、白いご飯と食べるイメージなので、ご飯に味が付いていたので、食べるタイミングがわからなくて、、、。”

f:id:hohoan:20210615064331p:plain

 

ーーー何?その理由!可愛い過ぎやしませんかっ!

 

”途中で、お口直しとか、、、あっ、申し訳ありません。うるさいですよね。”

 

ーーーたいへん!たいへん!あの店、おばさんが鬱陶しいんだよなぁの印象になってしまう。

 

”ああ、いいえ。そっか。お口直しかぁ。”

 

あくまでも爽やかな青年です。

 

しかも、イケメン!

 

私にとって子どもは、妹弟子の娘ハイジ(あだ名です。高1)が基準なのですが、自分の歳をしみじみと考えてみれば、このお客様くらいの子どもがいてもおかしくないのかぁと思ってしまいました。

 

この方のお母様、羨ましいです。

 

また、いらして下さいねぇ~。

お待ちしていま~~~す。

 

 

 

 

 

 

 

 

仲居さん日記33~お仲間編

同調してもらえる喜び

 

先日、久しぶりに仲居さんのバイトに行ってきました。

 

お部屋のご予約を2組様頂いておりましたので、仲居さんは2人でした。

このところ、ずっと1人体制で、淋しかったので、30分遅れで、Kさんが”〇〇さん!おはようございます。”と、声をかけてくれた時は、知らなかったのでビックリ!

そして、やはり、ほっとします。

 

只今、仲居さんは4人。

Kさんは、ただひとりの私の後輩です。

とはいっても、色々なお仕事の経験もありますし、テキパキと明るくお仕事される方です。

奥様であり、3人のお子様のお母様でもあります。

 

こういう頑張っている方には、敵わないなぁと、いつも少し凹みます。

 

        

       

まあ、私は私ですし、私が出来ることをするしかありません。

 

でも、たまにはお人様と自分を比較することも大事ですね。

ここ、私は出来ていないなぁとか、そっか、こうした方がいいよねとか、参考になります。

 

Kさんが入られた時に、私が着物の着方をお教えしました。

そのこともあって、Kさんはこんな私をちゃんと先輩だと思ってくれているようです。

 

板長に ”帯、変だよ。”と言われたときも、

”〇〇さんに見てもらいま~す。”と、私のところに来てくれます。

 

何か、、、可愛い。

        

 

でも、帯はそれほど変でもないのです。

ちょっと、からかいたくなるキャラなのでしょう。

 

確かに、最初の内はなかなか上手く着ることが出来ませんでした。

 

丁度その頃に、母の店のお客様に(母は新橋のママさんでした)母と私と、私のバイト先でお昼をご馳走になる機会がありました。

 

その時、母に

”まさか、お前が着付けを教えた人って、あの人?教え方が悪いとしか言えない。”

と言われてしまいました。

 

ガ~~~ン!

 

 

他にも着付けを教えられる人は居たのに、社員さんに”教えてあげて下さい。”などと言われて、調子に乗って受けてしまいましたが、ご辞退すれば良かったのかもしれません。

 

慣れないなりに、頑張って着物を着ている人の方が、教えるのはきっと上手なのです。

 

ところが、だいぶ前から、Kさんは、すっかり着物に慣れて、綺麗に着るようになりました。

私は、思わず、お尋ねしてしまいました。

 

”あの後、何方かに教えてもらったの?”

 

”いいえ、〇〇さん教えてもらっただけですよ。”

 

ーーーああ、そうなんだぁ。慣れたってことなのね。

 

今では、すっかり着物がお似合いです。

 

”着物、本当に綺麗に着るようになったねぇ。”

 

”わぁ~〇〇さんにそう言ってもらえると、嬉しいです。〇〇さんのお陰です。”

 

ーーーそう思ってくれているんだぁ。本心ぽいし、、、良かった。

 

 それから、

”〇〇さんが、お客様が入るおまじないに、おしぼり受けをセットしていたじゃないですか。私も真似していたら、これが結構な確率でお客様が入られるんです!” と。

 

コロナ禍でご来店下さるお客様は、一組のことも、0のこともあります。

それで、私がそんなおまじないを始めたのですが、その話をしたことすら忘れていました。

根拠のない私の行動を真似してくれたなんて、少し驚きました。

そして、ちょっと嬉しくなりました。

 

 

母と二人の生活ですと、ダメ出しばかりです。

 

母は、この歳になった娘を、もっとちゃんとした人間になるように教育しなければっ!と思っています。

 

さすがに、最近は ”ありがとう。”とよく言います。

でも、それ以上に

”お前が一生懸命してくれているのは分かるけど、いちいち気に入らない。” と言うことの方が度々です。

 

久しぶりに、バイト先でお仲間とご一緒になって、同調してもらって、ありがたいほど気持ちが楽になりました。

 

ブログのコメントでも、いっぱいお力を頂いております。

 

同調してもらうって、生きていく上でとても大事なことなのかもしれません。

 

”〇〇ちゃんは、全然、悪くないんだからね。”と、励ましてくれた人を好きになりましたものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、母のワクチン接種1回目

今朝~不安でいっぱいです。

f:id:hohoan:20210612153617p:plain

 

母は、お薬にアレルギーもありますし、なかなかにデリケートな体らしく、化粧品なども使い始めは必ず少しかぶれます。

化粧品の場合は、じきに慣れることが多いです。

 

虫よけのナフタリンにも弱く、

”虫が死ぬ前に、お母さんが死んじゃうぅ~~~” 

”ああぁぁぁぁ~~~気持ち悪い、、、うううぅぅぅぅぅ、、、ヒック”

と、なります。

 

乳癌の手術後、免疫力が下がっているのが心配で、赤ちゃんの居るお部屋を除菌できるが売りの、テレビでCMもしているものを母の部屋に置いたのですが、

”何か、置いてない?気持ち悪いんだけど、すごく気持ち悪いぃぃぃぃ~~~”

 

まさか赤ちゃんよりもデリケート!

慌てて、処分したら

”変な物置かれて、ああ、殺されるかと思った。”

 

専門の人が聞いたら、ワクチンとは全く関係ないですと、大笑いなさるかもしれませんが、いえ、むしろ笑い飛ばされたいのですが、そんな母のことが心配です。

 

本人はもっと不安らしく、

”もしも、ワクチンでお母さんが死ぬようなことがあったら、色々な痛みから解放されて良かったって思ってあげてね。”

などと言います。

 

即座に、突っ込みました。

”なぜ、そこ、第三者的?”

 

本当に死ぬかもしれないと不安の母に、それを払拭する説明はしてあげらないし、もしもの時は、私がワクチンを止めなかったのを悔やむことを心配して言っているのがわかります。

胸が詰まって、頭がいつも以上に回りません。

でも、何か言わなくちゃ。が、これでした。

 

昨日も心配の真っただ中にいたのですが、そのタイミングで、いつも母の介護の目標とさせて頂いている1SHOさんが、お母様の1回目のワクチンのご様子をUPして下さいました。

 

 

withtheage.hatenablog.com

 接種を受けたお母様のお元気なご様子に励まされました。

母にも、話しました。

 

それでも、夕べは時々目が覚めるほど落ち着きませんでしたが、今朝、1SHOさんが、その後のお母様のお元気なご様子をまたまたUP して下さって、勇気を頂きました。

 

 

接種、無事に終わりました。

 

先日、新しく買ったシューズのサイズが合わずに、腰を痛めてしまった母です。

 

 

hohoan.hatenablog.com

 今日の接種のために、車椅子を借りました。

ありがたいですね。月500円で借りられます。

整形外科では入院を勧められるほど、安静が必要だということで、ずっと大人しくベットに居た母です。

車椅子は一昨日、届けて頂きましたが、

今日が、母と私の車椅子デビュー!

色んな意味で緊張の外出となりました。

 

会場では、係りのみなさんにご親切にして頂きましたが、待っている間にドキドキは増してきます。

 

いざ、接種のBOXへ。

若いきれいなドクター?看護師さん?です。

たぶん、母の緊張具合はビシビシ感じて下さったのだと思います。

今日、初めて使った首に挟むタイプのエアーコンディショナーを、”これ、いいですね。”と笑顔で言って下さったりして、和ませて頂きました。

 

車椅子デビューの私、”慣れなくて、係りの皆さんにご迷惑をおかけしています。”

”大丈夫ですよぉ~。扱いが難しいですよね。”(ニコッ)

 

注射が終わると、”車椅子、頑張って下さいね。”(ニコッニコッ)

 

”はい!頑張ります!”(私も感謝の気持ちを込めてニッコリ)

 

30分の待機は、けっこう長く感じましたが、お見守り頂いている安心感もありました。

 

帰りは、”来る時よりも、上手になってる。”と、母からお褒めの言葉も有り、無事に玄関に横付け出来ました。

 

さて、あれ?閉じない。

あれ?簡単なはずよ。

 

説明書!説明書!

座席を、、、なるほど、、、簡単でした。

 

それから、抹茶アイスを二人で食べて、母は

”あ~緊張して疲れたぁ~ガタガタしたから、腰、痛~い。”といって横になっています。

 

 

 

 

6月の着物コーデ~11日

一越縮緬小紋

 

縮緬も好きですね。

鬼しぼも素敵ですが、単衣には向かないような気がします。

見た感じも、温かそうじゃないですか?

ぷくっとしてて。

いえ、実際に暖かいと感じております。

 

一越は、しぼが細かいので比較的なめらかです。

 

母のお下がりです。

所々に染み汚れもあるのですが、着てしまうと意外に大丈夫なものです。

 

f:id:hohoan:20210611215721j:plain

 

ほんのり水色の帯を合せました。

波のような織り方です。

 

f:id:hohoan:20210611215932j:plain

 

f:id:hohoan:20210611220250j:plain

 

着物も帯も白っぽいので、帯揚げは、濃いブルーと水色のぼかし、帯締めも濃いブルーを選びました。