母と私の着物ぐらし

着物の決まり事 日々のコーディネート 趣味の茶事 母との暮らし 仲居さんのバイト

9月の着物コーデ~22日~23日

急に肌寒い程になりました。

それにしても、6月といい、9月といい、雨の日が多いです。

 

実は単衣の絹の着物を多く持っております。

と、言いますのも、母のお下がりで洗い張りをした後は、母が単衣にして仕立て直すことが多いのです。

袷に仕立てるよりは、単衣の方が少しは楽なようです。

和裁など全く分からない私に取りましては、もう袷だろうが、単衣だろうが、着物の形にしてくれればありがたい訳で、そうして、単衣の着物が増えて行きました。

 

その分、袷や薄物に比べて、単衣の洗える着物は少なくなります。

 

仕事着にしても良いと母に言われましても、今日を限りの着物にしてしまう勇気は持てません。

雨の心配が無く、比較的バイト先が暇そうな日には、母のお下がりの絹を着たいとは思っております。

 

~22日

 

雨の予報でした。

ポリエステルの縮緬風の小紋です。

柄は花唐草です。

ん?先週も花唐草を着ました。

あれは、母のお下がりの一越縮緬でした。

でも、地色も同じくグレー。

つい、似たような物ばかり買ってしまいます。

趣味のブレない私たち母娘です。

 

 

 

 

着物の唐草がクリーム色なのを頼りに小物類はクリーム色を合せました。

帯締めは、着物の端切れで母が作ってくれた丸ぐけです。

 

ちなみに先週は

 

 

 

今日は、コートも着ました。

本来は、夏でもコートは羽織るべきものです。

外の埃を先様に持って行かないためもありますが、帯を守るという役割もあります。

私は、これまで暑くて着ることが出来ずにおりましたが、バイト先の先輩のUさんは、いつもきちんとコートを着て出勤なさいます。

 

 

単衣に着るコートの生地は薄物です。

でも、9月の末でしたら、透けない生地の単衣のコートでも良いと思います。

 

~23日

 

ポリエステルの一越風の小紋です。

 

 

辛子色は、秋を感じる色だと思います。

 

そうそう!辛子色は9月の色!

♪ 辛子色のシャツぅ~追いながらぁ~

♪ september そして9月はぁ~

竹内まりあ の september よく歌いました😄

 

 

近頃ヘビロテの、博多織の名古屋帯です。

 

 

着物の柄が謎です。

小物は、辛色と相性の良いグリーンを選びました。

 

 

 

9月の着物コーデ~15日~16日~17日

遅くなりましたが、先週の着物コーデを見て頂けたらと思います。

 

~15日

 

 

綸子です。

母は袷にして着ていましたが、洗い張りの後は母が単衣に仕立ててくれました。

四季を問わずに着ることが出来る柄になっています。

 

 

↑ 紅葉(青楓) 桜  片輪車(源氏車)

 

 

↑ 紅葉  亀甲  桜

 

 

↑ 松  片輪車

 

 

帯は平仕立ての博多織の名古屋帯です。

 


小物は、着物の紫に寄せて選びました。

 

 

~16日

 

 

一越縮緬です。これも母のお下がり。

単衣なので、どうしても脇に汗染みなどが出来ていますが、着てしまえばそれほど気になりません。

バイトで着るには十分と思います。

 

更紗文様です。花唐草ですね。

 

 

 

これを6月に着る時は、白地の帯も良いかと思いますが、9月なので、赤を合せました。

松葉仕立ての名古屋帯です。

 

 

帯揚げはピンクの縮緬

帯締めは、この着物の端切れで母が作ってくれた丸ぐけです。

 

~17日

 

忙しいと予想されたので、洗える着物を選びました。

 

 

矢羽根です。

 

 

帯もポリエステルの名古屋帯です。

 

 

小物は水色を選びました。

 

今年もプルーン!頂きました!

もう、何年目になるでしょうか。

毎年、プルーンを送って頂いています。

 

ど~んと3Kg

 


甘ったるくないところが母も私も大好きです。

どこか懐かしい味。

 

 

送り主は、母のお店のアイドル的存在だったYたん!

他のお客様に比べて、ダントツにお若かっただけではなく、よく気が付いて、なぁ~んか可愛いい。

そういえば、”僕とYたんをどうして差別するの?”って言われたことがありましたね。

どうしてって、、、だって、私もいたって素直な性格なので、ねぇ。

 

それにしても、母の店を閉めて、もう5年以上が過ぎています。

今は、世間の片隅で母娘二人だけの生活です。

いつまでも忘れずにお心にかけて頂いて、本当にありがたいです。

 

 

不思議な果実プルーン

 

プルーンは、カリウム、カルシウム、鉄が豊富に含まれ、ビタミンA.Bも多く含まれていて、ミネラルの宝庫と言われているそうです。

血液を綺麗にして、健康にも美容にも役立つ果物です。素敵!

皮の部分が酸っぱいのがまた美味しくて、家では皮ごと頂いています。

 

プルーン、プラム、すもも

 

すももの英名はJapanese plumなので、まあ、plum(プラム)ですよね。

つまりは

すもも=プラム

ということになります。

また、仏名はpruneなので

すもも=プラム=プルーン 

となります。

 

ところが日本では、丸い日本すもものほうをプラム、ちょっと細長い紫色の西洋すもものほうをプルーンとよんで、なんとなく区別しているようですよ。

 

 

2人家族に3kgのプルーン!

 

でも大丈夫!

 

これ、冷凍しても美味しいんです。

それを教えてもらってからは、誰にも差し上げることなく母と二人で頂いています。

 

洗って

 

 

ラップして

 

 

それを袋に入れて、冷凍しています

 

 

もちろん、先ずはそのまま頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月の着物コーデ~8日~9日~10日~11日

9月の着物は、薄物から単衣に変わったというのが大きなポイントです。

でも、その約束事が決まった頃よりも、今は随分とお暑いです。

なので、月半ばまでは絽などの薄物をお召になる方、衣替えを忠実に月初めから単衣になさる方、様々です。

 

私は、第一週は、絽こそ避けますが、薄物を着ることが多く、徐々に気候の様子を見ながら選んでいきます。

そして、10日過ぎには、単衣へと変えていくというのが例年です。

 

 

 

~8日

 

先週も着た着物です。

いわゆる薄物と呼ばれるもので、本来であれば7月8月に着る着物です。

が、絽のように、絽目がありませんし、透け感も微妙なので、単衣の時期に入って尚、まだまだ暑い日にはこれを選んでしまいます。

 

 

 

帯は、伝統的な織り方ではありませんが、博多織です。

芯が入っていなくてもシャキっと締められて、単衣の時期には重宝です。

 

帯揚げは、ピンク、帯締めは赤と白の組み紐です。

(今日の帯の前姿の写真は失敗しました)

 

帯で印象が変わるとのコメントを頂いて、コーデの励みにしております
ちなみに先日は赤い帯を合せました。

 

 

帯は変えても、小物は同じものを選んだようです。

他にも小物類はあるというのに、、、

 

 

~9日

 

 

単衣の織の着物です。

絹ではありますが、高価なものではありません。

その分、生地が薄く、涼しいです。

特に、私のように夏の間はポリエステルを愛用している者にとっては、ひと際涼しく感じられます。

絹の、不思議で、素晴らしい特徴として、夏は涼しく、冬は暖かいのです。

 

 



帯もカジュアルな織の帯を合せました。

この帯を選んだ理由として、着物のオレンジを活かしたかったというのもありますが、織の着物は普段着なので、帯の格もそれに合せました。

 

小物はグリーン系を選びました。

 

 

~10日

 

 

白大島です。

紬は単衣にしても、シャキっとしていて着心地が良いです。

 

 

博多帯を合せました。

伝統柄を少しだけ変化させたもので、これでしたら、博多織と気付いて頂けそうです。

 

 

小物類は、昨日と同じグリーン系を選びました。

 

 

~11日

 

 

ポリエステルの小紋です。

今日はバイト先が忙しそうでしたので、洗える着物にしました。

 

単衣で白地、柄は茶色で描かれてあり菊が目立つ。

私はこの着物を9月に着るのを楽しみにしています。

 

これは母が、単衣に仕立ててくれたものですが、でも、もしも、袷に仕立てたら、松竹梅の他、七宝や、亀甲などとともに描かれた菊も、季節の花ではなく、長寿を象徴する吉祥文として、お正月は勿論、いつでもお召し頂ける着物になると思います。

 

同じ反物でも、単衣に仕立てるのと、袷に仕立てるのとでは感じが変わります。

 

 

松葉仕立ての名古屋帯を合せました。

赤と茶も、意外に合う!ということを韓国の宮廷ドラマのチマチョゴリの色合わせで知って以来、真似をしています。

 

 

菊の中心部などに使われている紫色を活かしたく、帯締めは紫、グリーン、薄茶の組み紐を選びました。

帯揚げは紫と迷いましたが、グリーンにしてみました。

 

9月の着物コーデ~1日~2日~3日

着物の世界では9月も衣更えです。

着物は薄物から単衣に変わります。

 

下着類も変わります。

絽のお腰や襦袢、絽の袖の付いたうそつきなどは仕舞って、何と言えばよいか、普通のタイプと入れ替えました。

 

衿も、絽から塩瀬に変わります。

 

帯揚げや、帯締めも夏用から、普通のタイプ(笑)に入れ替えです。

 

とはいえ

 

暑い!

 

 

なので私は、9月の初めには、一目で夏のお着物と知れてしまう絽を避けて、いわゆる薄物と呼ばれるものを着ます。

 

こと子さんが、9月初めのお茶のお稽古に、夏大島をお召しになっていらっしゃいました。

やはり、絽を避けて、単衣物に見えなくもない薄物をチョイスなさっていました。

そのお気持ち、よ~くわかります。

 

 

 

~1日

 

 

夏の白大島風です。いわゆる薄物で、本来であれば盛夏に着る着物です。

洗える着物です。

涼しく着られるように、極ごく細い糸で織られてあります。

 

 

赤い名古屋帯を合せました。

芯が入っていない帯の方が涼しくお召し頂けると思います。

 

 

帯揚げはピンク。

帯締めは紅白の丸組を合せました。

 

 

~2日

 


これも、盛夏に着る着物です。

薄いので、透けていますが、もじり織になっていないので、絽目がありません。

 

 

芯の入っていない名古屋帯を合せました。


着物の地色が、実に夏っぽいのですが、柄に使われているクリームを帯にも持ってくることで、少しは秋に寄せられたのではないかと思います。

 

この帯は、擦れてしまったので、近頃は反対側が表になるように、帯を反対に巻いています。

結構な頭の体操になります。

 

 

帯揚げは淡い水色、帯締めは水色を合せました。

 

 

~3日

 

 

これも、白大島風ですね。

ポリエステルと絹の交織です。

柔らかい肌触りと、涼しい着心地で、しかも洗える!という優れものです。

 

麻の葉は、大好きな柄です。

禰津子よりも前から着ていましたよ ( ´艸`)

 

 

伝統的な織り方ではありませんが、これも博多帯です。

博多帯は、元々、芯を必要としないシャキッとした帯です。

 

 

淡いクリーム色の着物に黒の帯、という反対色の取り合わせではありますが、着物の赤い麻の葉模様と帯の赤い格子引き合います。

 

小物はクリーム色?とも思いましたが、黒い帯に浮く感じがしました。

帯揚げは黄緑色。帯締めもグリーン系を選びました。

8月の着物コーデ~25日~26日~28日

8月も末ともなりますと、薄物の時期ではありますが、秋の訪れを感じさせる装いをしたいものです。

 

夏は、初夏、盛夏、晩夏と分かれます。

紗は盛夏の物と言われておりますので、月末には絽を選ぶようにしています。

絽は、7月8月、ずっとお召し頂けるものです。

もっと言えば、6月の20日を過ぎれば、一足早い夏の装いとしてお召し頂いても<おしゃれ>だと思います。

 

 

~25日

 

 

菊と桔梗柄の小紋です。ポリエステルの絽です。

菊は長寿を象徴する吉祥文ですので、本来であれば、時期を選ばずに来て頂ける柄ではありますが、秋のイメージが強い花だと思います。

桔梗と一緒に描かれれば尚更です。

 

 

紫がかった茶の帯を合せてみました。

松葉仕立ての、ポリエステルの紗の名古屋帯です。

 

グレーの着物地には、ピンクや水色などの帯も合うと思いますが、一部、薄茶色で菊が描かれているのを頼りに、この色を選びました。

 

着物も花柄、帯も花柄、なのが少し気になりましたが、手持ちの物の中で折り合いをつけた結果です。

 

 

見えずらいですが、帯揚げは藤色(グレーがかったピンク)

帯締めは淡いピンクを合せました。

 

 

~26日

 

 

ポリエステルの絽です。

藍色と水色だけの柄ですが、柄見本帳のように色々な柄が見られます。

 

この着物の端切れで、帯締めを作りました。

7月初旬のコーデの折に、ナツネコさんに<おしゃれ>と言って頂けました!

 


 

帯は茶系を選びました。

変則的な縦絽のような織が、芝に雨が降っているように見えます。

季節の変わり目の雨を連想して頂けたらと思います。

 

なぁ~んて

前姿では、雨が横になっちゃうんですけど、まっいっか!

 

 

帯揚げは水色の絽。

帯締めは共布の絽の丸ぐけです。

共のものを合せるのは初めてです。

ダサい!?かな

端切れで作った!ということを紹介したかったので、あえて使ってみました。

 

 

28日

 

 

ポリエステルの絽の着物です。

ちょっと変わった柄で、もはや作者の気持ちがわかりませんが、全体の印象としては好きな着物です。

 

 

 

着物にグリーンがかった色が使われているのを頼りに、黒にグリーンの糸が織り込まれている帯を合せました。

平仕立ての名古屋帯です。

 

 

 

着物には少しだけ赤も使われています。

その赤を活かしたく、帯締めは赤を選びました。

片側だけに白と赤の濃淡の糸が組まれている夏用の帯締めです。

この少しの白がきつい感じを和らげてくれるように感じます。

帯揚げは海老茶色の絽です。

 

 

仲居さん日記55

   ~お父様、ご機嫌ですね

 

バイト先で、私が一番数多く担当しているのが、ご両家お顔合わせのお席です。

 

お顔合わせですと、ご結婚をなさるお2人とそのご両親様の6名様の場合が多いです。

また、初めはご両家様とも緊張なさっていて、なかなかお箸が進みません。

さほど多くないお人数と、ゆっくりしたペースが私の仕事ぶりに合っています。

 

以前は店長が担当のご指示もなさっていたので、そういうところよく見ているなと感じておりました。

 

お祝いのお席は担当していても、幸せのお裾分けを頂ける気分で楽しいです。

ご両家お顔合わせは、私の好きなお席です。

でも、コロナ禍で、めっきり少なくなりました。

 

 

先日、ご両家ではなく、お嬢様のご両親と彼氏さんがお食事にいらっしゃいました。

 

お綺麗なお嬢様に、なかなかの好青年。爽やかなカップルです。

 

お母様のお荷物をお席の後ろのお籠にお勧めして、

お嬢様のバックはどうなさるかとお伺いしようと思いましたら

彼氏さんが、さりげなくお嬢様からバックを受け取って、お母様の後ろにあるお籠に入れられました。

 

今の男性はスマートでお優しいですね。

 

とても感じが良かったので、”お優しいですね” と、お声をかけようとしたその時

 

満面の笑顔のお父様が

 

 

”ひゅ~ひゅ~”

 

えっ?

 

奥様は、何もおっしゃいませんが、子どもをたしなめるかのような表情でお父様にめっ!をなさっています。

 

ちょっと首をすくめるお父様。

 

 

”お優しいですねと、私も申し上げようとしたのですが、お父様の反応がお早くて”

と、ご一緒に笑わせて頂きました。

 

お父様は運転をなさるということで、ノンアルコールビール

そして、奥様に

”いいよ。ビール飲めばぁ”

 

”そう?いいの?悪いわね。じゃ、生ビールお願いします”

と嬉しそうな奥様。

 

楽しくて、仲の良いご夫婦です。

 

特に私の担当のお席というのではありませんでしたが、そちらのテーブルの近くを通る度に笑い声が聞こえて、楽しくお食事なさって下さっているのがわかります。

と、いうか、この親子さんでしたらどこにいらしても楽しいに違いありません。

 

お父様は、お嬢様の彼氏さんをとても気に入っているらしく、とにかくご機嫌です。

 

彼氏さんは、聞き上手。

お父様のビートルズの話題に話を合せています。

 

”そうそう!わかってるねぇ~”

 

ノンアルコールビールなのに酔っているような感じ。

 

 

デザートとお茶は私がお出しすることになりました。

こういう、御陽気なお父様には注意が必要です。

 

まず、奥様に大きめの声で、

”お茶をお持ちしました” と申し上げます。

 

ーーーはい。次はお父様ですよ。熱いお茶が行きますからね。動かないでね

 

”失礼致します”

と、同時にお父様が手ぶりも交えての楽しいお話が始まります。

 

一旦、手を引く私をご覧になって、奥様が

 

”動かないで!!!”

 

もう、こちらとしては

”恐れ入ります。お邪魔致します” って言うしかないですよね。

 

叱られ慣れているとしか思えないお父様は、

”ああ、ごめんなさい” と、相変わらずの満面の笑顔。

 

何とも微笑ましいご家族でした。