母と私の着物ぐらし

着物の決まり事 日々のコーディネート 趣味の茶事 母との暮らし 仲居さんのバイト

4月の着物コーデ~花鞠の小紋に帯2種

花といっても、デザイン化されているので、季節を選ばずに着ることが出来る着物だとは思うのですが、この季節に着ることが多いです。

 

柄の大きな小紋は若い人向きではありますが、地色のグレーを頼りに、今も着ております。

 

 

<その1> 普段使いの袋帯

 

 

袋帯ではありますが、礼装用にはならない帯です。

 

礼装用には、おめでたい柄とか、金糸銀糸や、刺繍などがあるのが相応しいです。

 

この帯は、普段使いの袋帯

でも、名古屋帯よりも装いの格をあげることが出来ます。

 

 

あれ?お太鼓の下線が丸くなっちゃいましたね。

 

二重太鼓が少しずれていたのを修正するために引いたからかな?

 

この位は、当然に まっいっか です

 

 

お若い方でしたら、ピンクを合わせてたら可愛いコーデになると思います。

 

でも、私は、少し落ち着いた感じを目指しました。

 

小物は、クリーム系を選びました。

 

丸ぐけの帯締めは、いつものように母のお手製です。

 

 

<その2> 博多織の名古屋帯

 

 

献上柄ではありませんが、博多帯です。

 

この帯は、リバーシブルになっていて、反面は、縞になっています。

お太鼓で見た場合に、横縞が無くなります。

 

 

 

 

小物は、着物に使われている水色を意識して選びました。

 

帯揚げも、帯締めも、着物を仕立てた時の余り布です。

どちらも花柄。

 

花盛りの季節に、着物のコーデも乗ってしまいました。