母と私の着物ぐらし

着物の決まり事 日々のコーディネート 趣味の茶事 母との暮らし

6月の着物コーデ ~ バラの小紋を着納め?

衣替えは大変ですが、半年ぶりのお気に入りの着物との再会は、楽しくもあります。

着物は、派手になったりしますと、お顔が浮くといいますか、似合わなくなります。

 

着替えの途中で、母が私を呼びます。

<母> これ、なんか、あんまり似合わないみたいなんだけど。

それでは、と、私がその着物を羽織ってみます。

私の方が似合います。母も認めざるを得ません。

<母> そっか。お母さんには、派手になったんだね。

    これからは〇〇子が着ればぁ。

もちろん、とても残念そうではありますが、母の着物を、私が着た姿を見るのも、母としては楽しみらしく、

<母> あら、いいねぇ。似合う似合う!

と、これで、母はお気に入りの着物と、円満にお別れできるのですが、私が着物に決別するのは、なかなかに難しいのです。

 

 

f:id:hohoan:20200531150353j:plain

お気に入りのバラの着物です。

さすがに着物の柄で、バラは珍しいと思います。

地色の黄金色といい、華やかな着物です。

もう、私には派手なのでしょうか。

でも、もう一度着てみたい。

出来れば、お出かけしたかったけれど、只今お篭り中。

着納めの覚悟でコーディネートしてみました。

 

単衣の綸子の小紋です。
若いときは、ツルツルとして光沢のある綸子を好んで着ておりました。

袖丈は、一般的な3寸よりも長めの4寸に仕立ててあります。

お袖は長い方がはんなりとして好きです。

  

5月6月はバラの季節です。f:id:hohoan:20200531151626j:plain

5月中に、一足早く単衣を着たいときに、季節感がピッタリな着物です。 

 

 

 

   

グリーンの帯揚げと、さらに渋いグリーンの帯締めを合せました。

f:id:hohoan:20200531151718j:plain

 

f:id:hohoan:20200531155908j:plain

6月の 単衣の時期には、半襟や、長襦袢などは絽になります。

 

帯は、夏帯になります。

あまり透けないものから、盛夏には、紗や羅のようにより透けた生地で、涼しさを演出しましょう。

 

 

絽の洒落袋の帯です。

 

 

帯揚げはオレンジ

帯締めはオレンジに淡いグリーンが入っています。

 

f:id:hohoan:20200531160336j:plain

 

f:id:hohoan:20200531161859j:plain

絽の白の洒落袋帯を合せてみました。

白は、何色にも合いますが、この着物は、赤、紫、そして白いバラも描かれているので、無難に選んだ感じにならないのが良いです。

 

 

f:id:hohoan:20200531162613j:plain

帯が白いことを考慮して、帯揚げはグリーンと白のぼかし、帯締めは、帯に織り込まれているサーモンピンクを意識して、オレンジを選びました。

 

f:id:hohoan:20200531163255j:plain

 紗の名古屋帯です。

 

実は、こんなに透けています。

紗は、盛夏のものです。

 

f:id:hohoan:20200531163551j:plain

 ただ、この帯は、締めてしまうと、あまり透けた感じにならないので、6月も末ごろには締めて良いかと思います。

f:id:hohoan:20200531163854j:plain

帯揚げはグリーン。帯締めは白とグリーンを組んだものを選びました。

渋いグリーンと迷いましたが、帯が濃い色なので、夏らしさを出すために白っぽい方にしました。

 

さて、この着物姿。

親バカですね。母が言うには、”まだ似合うわよ、いいわよ” ”可愛い”

今年はとりあえず、セーフということに致しました。